Top > 歌を歌うということ

歌を歌うということ

寂しい時とか悲しい時とかに歌を歌うと、気分が少し紛れたり、歌っている間は、悲しいこと等を忘れることができます。これが「歌の力」なのかもしれません。歌を歌うということは、脳にとって大変な負荷がかかるため、悲しいこと等まで気がまわらなくなるのではないか、と思います。それが「歌の力」の正体なのかもしれません。カラオケをしていると、飲み物だけでなく、食べ物も注文することが多いです。これも脳を使って栄養が必要になるからではないかと思います。1番痩せる方法
関連エントリー